マク速!:炎上ニュースまとめ TOP > 軍事系

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【吉報】防衛省、5年以内に新型戦闘機F-3の開発開始 その性能はF-22、F-35を超える


日本の防衛省は、今後5年以内にF-3系統の次期戦闘機開発プロジェクトに取り組む考えだ。
Aviation Week.が伝えた。

新型機の性能は、第5世代の戦闘機F-22 Raptor や F-35 Lightning IIを超えるものになると予想される。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1351092774/
スポンサーサイト
[ 2012/10/25 02:15 ] 軍事系 | TB(0) | CM(0)

在日米軍向け「F35」日本で修理へ 三菱重工のライン活用する!!

ACAH F-35
米ロッキード、日本で「F35」修理へ 三菱重工のライン活用”

米ロッキード・マーチンは、日本が機体の最終組み立てなどにかかわる予定の
最新鋭戦闘機「F35」について、在日米軍向けの修理・維持整備に関しても
日本で行う可能性があることを明らかにした。機体を分解しての修理・整備で、
三菱重工業の最終組み立てラインを活用する計画。

東アジア地域の米軍だけでも250機程度のF35が配備されるとみられ、
国内防衛産業への波及効果も高まりそうだ。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1350225907/
[ 2012/10/15 01:32 ] 軍事系 | TB(0) | CM(0)

日本やばい!「中国の戦闘機数が日・韓・朝の合計を超える」~開発力でも優勢(韓国紙)[02/11]

1 :HONEY MILKφ ★ 2012/02/11(土) 13:48:24.43 ID:???


(写真)

▲ 7日、中国、ロシア、日本、韓国などが激しいステルス戦闘機開発競争を繰り
広げている。写真は11年9月、吉林省で行われた中国人民解放軍の戦闘機訓練。
……………………………………………………………………………………………
2012年2月7日、韓国紙・朝鮮日報によると、中国、ロシア、日本などが激しい
ステルス戦闘機開発競争を繰り広げている。そして、東アジア諸国で戦闘機の
開発・保有数で最も優勢なのは中国だ。9日付で人民日報(電子版)が伝えた。

中国は昨年1月、自主開発の次世代ステルス戦闘機「殲-20」(J-20)を公開
した。ロシアも2010年以降、「T-50」ステルス戦闘機のテスト飛行を続けている。
日本は、正式なステルス機開発の前段階として、試験機である「心神」を開発し、
2014年に最初のテスト飛行を予定している。また、韓国はインドネシアと共同
開発を行っており、その性能はKF-16韓国国産戦闘機(KFX)よりやや優れ、
ステルス機としての機能を備えているという。

一方、東アジア諸国の戦闘機配備数は、日本350機、韓国460機、北朝鮮820機、
中国1810機と、中国が最多となっている。

ソース:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=58640





6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2012/02/11(土) 13:51:45.36 ID:RvejCJO4


ポンコツの中華戦闘機は型遅れが350程度
2週間で日米が殲滅ww



8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2012/02/11(土) 13:52:37.02 ID:dBtJCNvw


>日・韓・朝の合計

まぜるな危険



9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2012/02/11(土) 13:53:38.97 ID:iEbSPY5W


東シナ海をわたって沖縄まで往復できる機体なんて100機とおらんし


13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2012/02/11(土) 13:54:25.10 ID:muG1JnXq


百歩譲って韓国はいいとしてなんで北朝鮮を加えるの?

[ 2012/02/11 18:12 ] 軍事系 | TB(0) | CM(0)

武器輸出したら、日本は9条の平和国家ではなくなるよ...政府武器輸出三原則緩和で

アサルトライフル製造工場

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325066866/-100
あれ、韓国と中国は武器輸出してますが・・・

憲法が掲げる「平和国家」の理念が骨抜きにされかねない状況になった、と認識するべきだろう。
政府は、これまで国是としてきた「武器輸出三原則」を見直し、事実上の禁輸政策を大幅に緩和する
新しい基準を了承した。これほどの政策転換は、三原則が確立して以来初めてのことである。
“武器輸出国”になったことを国際社会に表明したことで、日本がテロや紛争に巻き込まれる
危険性がより高まった。日本の行方にかかわる問題なのに、国民的な議論をすることもなく、
前のめりで決定した野田佳彦内閣をはじめとする民主党政権の姿勢は問題だ。原則の見直しは容認できない。

[ 2011/12/28 20:53 ] 軍事系 | TB(0) | CM(0)
amazon
ブログランキング
↓にほんブログランキングです↓
クリックすると他のブログも見れます
アクセスカウンター
3月19日、累計10000PV突破!
2012 7/9 累計30000PV突破!!!
アクセスランキング
毎週月曜日にリセット


アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。